その他

ABOUT「RPA(Robotic Process Automation)」とは

人間が行なっていた業務をロボットにより自動化する「RPA」。
人件費の削減や、業務効率化に期待できます。

RPAとは、これまで人間が行っていた業務をロボットによる自動化で取り組むことを指します。
ルールエンジン・機械学種・人口知能等の認知技術を活用し、人間と同じような操作をすることから「仮想知的労働者(Digital Labor)」とも呼ばれています。

人間の補完として既存業務遂行に加えて、スピードアップによる業務効率向上も期待できます。人件費だけではなく、従来必要だったプログラムやシステム開発への高額投資も抑えられます。

image

SPECIALTYRPAが能力を発揮する分野

RPAはデスクワークに代表される事務処理業務全般と親和性が高いことから、人事、経理、営業、調達等において、特に意思決定が必要なく定型化されている業務がRPAの得意分野と言えます。人間が行う業務の処理手順を操作画面上から登録することで、ソフトウェアをはじめ、ブラウザやクラウド等、様々なアプリケーションを横断して処理することが可能です。
IoTやAIと並び、近年ではRPAがIT業界だけではなく、働き方改革の観点からも注目ワードとして捉えられています。

FLOWRPA導入による業務イメージ

従来の人間による操作を記録し、自動で事務処理業務を行います。
例えば、今まで複数人必要だった作業が、RPAを導入すると少数人で運用ができるなど、人件費の削減にも役立ちます。

EFFICACYRPAがもたらすビジネス効果

  • コスト削減

    人件費はもちろん、業務オペレーションの自動化による効率アップでコストを削減します。

  • ミスゼロ

    あらかじめ決められた業務を決められた通りに実行することで入力ミスはじめ、工程ミスが無くなります。

  • スピードアップ

    コンピュータ操作による単純なスピードアップに加えて心身疲労の影響がないため、業務スピードは格段に向上します。

  • 人材活用

    手順通りに実行するオペレーション業務に従事していた人材を他ポストへ配置するなど、人材の積極活用も可能です。

お気軽に無料相談

  • メールアドレス必須
  • お名前必須
  • 御社名必須

    ※個人の場合は「個人」とご入力ください

  • お問い合わせ内容必須

今すぐ無料相談

閉じるお気軽に無料相談